Archives

now browsing by author

 
Posted by: | Posted on: 5月 9, 2017

自由度の高い臨場感溢れる新しい映像「ドローン 空撮」

近年よく耳にするドローン。これは無人で遠隔操作や自動制御する事によって飛行する航空機の総称です。このドローンにデジタルカメラを取り付けての空撮技術が話題を呼んでいます。

今までのヘリコプターやセスナでの空撮では実現出来なかった物体や人に数メートルまで近づきダイナミックでスケール感のある細かい部分までの

撮影が可能です。そして両者を比較すると圧倒的に安価なのも魅力の一つです。

建設マンションの各階の高さからの眺め、綺麗な清流を川上に向かって遡る、夏の風物詩である花火を花火の中から撮った動画等、まさに今、その場に居るかの様に美しく臨場感が溢れていて画像に吸い込まれていくような、なんとも言えない空間に誘い込まれる様な気持になります。

また、アーティストの野外ライブのDVDを観た時、ドローンの機能でここまで細かく近くまで接近して撮影できるのか!と感動し、今、自分がライブ会場に居る様な感覚で

テレビの前で盛り上がる事ができました。

 

ドローン空撮ならDRONE FILMがおすすめ!

 

ドローン空撮するにあたり注意しなければならない事もいくつかあります。

事故にも繋がる危険性がありますし、誰でも手軽に操作できる反面、物損事故を起こしたり、稀に人身事故もあり、イベント等の活用時には必ず保険に入る事がポイントです。また、施設等の撮影は事前に許可が必要です。空港や電波塔等の周辺の撮影は禁止です。

強風での利用や人混みの上空は危険を伴い大きなトラブルになり兼ねないので避けるべきです。

Posted by: | Posted on: 10月 10, 2016

新築の六本木賃貸マンションについてご紹介しましょう

新築の六本木賃貸マンションについてご紹介しましょう。

新築の六本木賃貸マンションは、六本木駅から徒歩で3分の港区六本木7丁目にある、2013年2月築のものです。

賃貸でも非常にめずらしい、お部屋はメゾネットタイプになっています。

共用部分は感じのいい内廊下になっており、最新の設備・セキュリティを採用しており、今からの新しい暮らしにぴったりのものです。

建物の構造は、5階建の鉄筋コンクリート造で、間取りは3LDKになっています。

それぞれの部屋には収納があり、2ヶ所のウォークインクローゼットあるため、収納もたっぷりできます。

リビングダイニングには床暖房を設置しており、広々としたキッチンで、洗面台は朝を気持ちよく迎えることができるような広さになっています。

お財布にやさしい利便性が良好なお部屋探しは、六本木にある不動産屋へお任せください。

こっそり美味しいお店や周辺の環境・物件周りの街の情報を知らせてくれます。

六本木にある不動産屋では、多くの物件を六本木駅を中心に取り扱っています。

新築や激安物件、築浅、タワーマンション、高級マンション、法人契約可、家具付きなど、豊富にお得な賃貸情報を揃えていますので、気軽に問い合わせてみましょう。

Posted by: | Posted on: 6月 1, 2016

ステラマッカートニーのサンダルを主役に履きこなすコーデ

インパクトの強いシューズを扱っているのがステラマッカートニーです。

特にソールが高くて厚いシューズを提供している印象が強いですよね。

そんなステラマッカートニーの中で注目するべきシューズがウェッジソールサンダルです。

しかし、やはりただのウェッジソールサンダルではなく、ソールにカラーがとり入れられたりと、他のブランドにはないような大人かわいいデザインになっています。

そんなウェッジソールサンダルを主役にするようなコーデをご紹介しましょう。

簡単にこれを主役にするおしゃれコーデは、ブラックワンピースです。

今トレンドとなっているコットン生地のTシャツワンピ―スを選ぶのであれば、完全に足が隠れるものではなく、八分丈の物、もしくは膝丈くらいの物にすると足にポイントが行くのでサンダルのかわいさが際立ちます。

また、白のシャツワンピースをさらっと着こなしてもサンダルが映えます。

そして、パンツコーデの際にもパンツ部分にモノトーンを使用しましょう。

黒や白のクロップドパンツ、もしくはジョガーパンツに淡い黄色の半袖シャツを前だけインして、そこにサンダルを合わせてあげれば、サンダルのソールのカラーとベルトのレザー感とで大人カジュアルなスタイルとなりますし、清潔感のあるさわやかなファッションになります。

バッグを小ぶりなモノトーンカラーのクラッチバッグにして、あくまでもシューズを主役にしてあげるように意識してあげましょう。

Posted by: | Posted on: 4月 15, 2016

ステラマッカートニーのデニムドレスの着こなし方

ここ最近セレブの間でもよく着用されているのが、ステラマッカートニーのデニムドレスです。

ドレスといっても、普段使いのワンピースのことなので、非常にカジュアルなのですが、これをどのようにしてステラマッカートニーらしいスタイルに着こなすかというと、ポイントは、「レトロ」感を出すということです。

ホワイトであってもブルーデニムドレスであっても、合わせるシューズはペタンコのものを選ぶようにしましょう。

それだけでぐっと70年代な感じをアップさせることができます。

さらにシンプルであるということです。黒のローヒールパンプスや、赤のローヒールパンプス、もしくは、ペタンコソールのストラップサンダルにすると、カントリーガールのような印象に仕上がるので、こちらもおすすめです。

また、デニムドレスを1枚で着るのも、シンプルなのに存在感のあるデザインですから良いのですが、その中に何かインナーを着る際には、柄物は避けましょう。

無地のホワイトTシャツやチュープトップ、さらにはストラップキャミソールをインします。

アクセサリーもいたってシンプルに、ワンポイント指輪をつけるだけなどにして、バッグはよりレトロ感を出すために、コンパクトなショルダーバッグをチョイスします。

このバッグの色は、全体にアクセントが欲しいという方は原色の緑や赤、黄色などにし、落ち着いた感じにしたい方は、シューズの色と同じような色を使うとまとまったファッションになります。

Posted by: | Posted on: 12月 8, 2015

ステラ・マッカートニーのとっておきリゾートライン

4月にフラッグシップショップがみゆき通りに移転し、日本国内でもますます好調なブランド、ステラ・マッカートニー。

この夏のリゾートラインはなんともユニークなもの。
たとえば、カラフルなスーパーヒーローの顔がモチーフになっていたり、ユーモアあふれるデザインも。
それでも柔らかなラインとフェミニンさは健在で、ヴィヴィッドで奇抜なモチーフがうまくまとまっています。
リゾートラインらしいマキシドレスをはじめ、美しいカッティングで肌の露出が大胆なデザインでも上品な印象なのはさすが。
どれもナチュラルに女性であることを楽しめる服ばかり。

ステラ・マッカートニーのデザインがいつでもどこか優しく、自然体でいられる雰囲気なのはデザイナー本人の生き方が表れているせいでしょうか。
ご存知の通りステラ・マッカートニーの父親はThe Beatlesのポール・マッカートニーで、一家そろってベジタリアンであることが知られています。
そんなナチュラルな環境で育ったステラ・マッカートニーのデザインだから、いつも私たちの気持ちを自然に近づけてくれるのかもしれません。

リゾートでステラ・マッカートニーを着こなすなら、ユニークさや大胆さをアピールしつつ、元来のフェミニンムードに沿った女性らしいアイテムをさりげなくプラスするのがおすすめ。
女優のようなワイドブリムハットやクラッチバッグが似合います。
足元は厚底のサンダルが提案されています。

フランスのステラ・マッカートニーなら、ヴァケイションもとっておきのものにしてくれそう・・・
そんな予感のする、ユニークさと大胆を持ったリゾートラインです。